文章で相手に想像させる自立支援。

こんにちは、ともふるです。

介護のノウハウとビジネスのノウハウはリンクする。

そんな話をしていきたいと思います。

誰しもがそうであると思いますが、

他人に決めつけられるのは嫌です。

  • 「これがいいに決まってる。」
  • 「これが一番美味しいに決まってる。」

これを押し付けられた時、優しさで適当に答えると思いますが、

自分の中の「いいもの」は別にあります。

介護で大切なこととして「自己決定」という言葉があります。

今は当たり前のように好きなデイサービスや施設を選べます。

昔はそうではありませんでした。

「障害を持てば、病気になれば、ここに入る」が

決められてしまっていました。措置の時代です。

子育てを見ていきましょう。

「いい大学を出て、公務員。これ、安定の人生。」

こんな考え方は今でも残ってます。

間違いでもありません。

元を取り返せるだけの生涯年収が変わってくるからです。

でも、自然と子どもたちの「自分はこうしたい」を

奪っていることもあります。

自分の人生は自分で決める。

人生の醍醐味はここにあると思います。

これは、価値観に置いても同じです。

ネット上にはたくさんの「こうあるべき」情報があります。

憧れるような暮らしぶり、ノマド生活、一戸建て、車…

でもそれって人それぞれ、少しずつイメージが違います。

「最高の車」という話題で話をしていても、

Aさんは最新のトヨタの車が最高だと思うし、

Bさんは渋いオールドカーをアレンジしていく車が最高、

Cさんは家族で出かけやすい車が最高、

それぞれ感じ方やイメージするものが違います。

人は文章によって理想のイメージを持ちます。

本屋さんに行けば、さまざまなタイトルがあり、

同じカテゴリーでも無数の本が並んでいます。

その中から、自分のイメージに響くものを購入してしまうんです。

文章を見て、自分のイメージを持ち、決定する。

文章を見せて、相手にイメージを持ってもらい、決定してもらう。

ネットビジネスにおいても、介護においても、

言葉やコミュニケーション、生きる上での本質は同じ。

自分も相手も幸せになれる文章を作れるって

素敵なことだと思います😊🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です